日本地学教育学会 - 公式サイト
スマートフォン版
ホーム

お知らせ

新着 平成28年度全国地学教育大会 日本地学教育学会第70回全国大会

徳島大会開催までついに1週間となりました。大会プログラムや研究発表プログラム等も公開されておりますので,大会のホームページをご確認ください。(2016.09.30)


新着 現地講習会(地学・地理観察巡検)のお知らせ

地学教育学会広報委員会主催の現地講習会として,小・中学校の教員や教員志望の大学生を対象に地学・地理観察巡検を企画します。(2016.8.5)


新着 日本地学教育学会役員選挙 開票報告

「役員選挙についての細則」に基づき,2016年度役員(会長,評議員,および監事)の選挙が行われ,2016年7月4日に日本地学教育学会事務局において開票が行われた開票結果をご報告いたします。(2016.7.29)


新着 「地学教育」のJ-Stageでの公開についてお知らせ

「地学教育」がVol.68 No.1よりJ-Stage(独立行政法人科学技術振興機構が運営する電子ジャーナルの無料公開システム)で公開され,これまで以上に多くの研究者,実践者に触れていただける環境になりました。(2016.7.21)


東日本大震災に係る学術調査・研究活動に関するアンケート

日本学術会議より東日本大震災に係る学術調査・研究活動に関するアンケート周知の依頼がありました。(2016.7.13)


平成28年度(第48回)『東レ理科教育賞』募集のご案内

東レ理科教育賞の募集案内が届きましたのでお知らせいたします。(2016.7.1)


地学教育の第68巻3号目次

地学教育の第68巻3号が刊行されましたので、目次を掲載いたします。(2016.5.26)


「渡部景隆奨励賞」と「地学教育功労賞」の公募開始

 地学教育の発展や本学会に貢献および尽力している小学校・中学校・高等学校等に勤務する会員を対象とする「渡部景隆奨励賞」と,地学教育,本会に関係した活動に多大の貢献のあった会員を対象とする「地学教育功労賞」の公募を掲載しました。(2016.04.26)


学会役員選挙の公示

 2016年度役員選挙に関する公示を掲載しました。(2016.03.11)


日本地学教育学会ロゴマークの決定について

 当学会では,昨年5月より会員・非会員を問わずに広くロゴマーク案を募集して参りました。その結果、76点ものご応募をいただくことができました。ここに記して感謝申し上げます。
 学会ロゴマークを決定いたしましたので、お知らせいたします。(2016.02.01)


平成28年度全国地学教育大会 日本地学教育学会第70回全国大会(一次案内)

平成28年度全国地学教育大会 日本地学教育学会第70回全国大会(一次案内)が公開されました(2016.01.13)


「会長からのメッセージ」

全国小学校理科研究大会への参加報告が寄せられています(2015.12.29)


地学教育の第68巻2号目次

地学教育の第68巻2号が刊行されましたので、目次を掲載いたします。(2015.11.19)


平成27年度全国地学教育大会 日本地学教育学会第69回全国大会

福岡大会は終了しました(2015.8.24)


地学教育の第68巻1号目次

地学教育の第68巻1号が刊行されましたので、目次を掲載いたします。(2015.7.8)


箱根・大湧谷の噴火報告

6/30に火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が発表され注目を集めております箱根山の活動ですが、学会会長の牧野先生より5/8からの継続的な大湧谷の活動状況の報告がされています。(2015.7.3)


地球惑星科学連合 第12回学協会長会議および平成27年度社員総会の報告

地球惑星科学連合大会中に開催された第12回学協会長会議および平成27年度社員総会の報告が学会会長の牧野先生より寄せられています。(2015.6.7)


第20回CSERSシンポジウムの報告

5月16日(土)に開催された第20回CSERS(教科「理科」関連学会協議会)シンポジウムの報告が学会会長の牧野先生より寄せられています。(2015.5.16)


日本地学教育学会ロゴマーク募集について

本学会の成果等を広く発信するにあたり学会のロゴマークを募集することとなりました。(2015.5.17)


中央教育審議会初等中等教育分科会教育課程部会 教育課程企画特別部会(第7回)

学会会長の牧野先生より中央教育審議会初等中等教育分科会教育課程部会 教育課程企画特別部会(第7回)の傍聴報告が寄せられました。(2015.5.17)


「地学を学べる高等学校」のリスト作りのお願い(再度)

本年10月6日付け、朝日新聞の投書欄「声」に若い女性が次のような内容の投書をしていました。投書者は地学を学びたいと思っていたが、地学担当教員が移動し、受講できなかった。地学に関心のある高校生がいるのに、高校で地学を学ぶ機会がないことを疑問に思っている。
本年の北海道大会で、各都道府県における「地学を学べる高等学校」のリスト作りを再度、お願い致しました。残念ながら、どなたからも支援の声が届いておりません。47都道府県の内、わずか15府県の調査結果が本会のHP上に掲載されています。この投書にこたえるためにも、ぜひリスト作りにご協力下さい。


「地学を学べる高等学校」リスト公開

「地学を学べる高等学校」リスト作りの調査結果を公開しました。


『地学教育』編集委員会からのお願い

『地学教育』編集委員会からご確認のお願いがございます。『地学教育』にメール添付でご投稿されたにも関わらず,受付票が送付されていない,ということはございませんでしょうか。お心当たりがございましたら,こちらをご覧下さいませ。


「地学を学べる高等学校」リスト作り

会員の皆様へ:「地学を学べる高等学校」リスト作りについて