学校の様子

 本校は、山口県阿武郡阿武町の山間部に位置する全校12名の小規模校です。学校の近くには阿武火山群の一つ「伊良尾山」があり、海抜380mを超える高地に水田が広がり、美しい自然に囲まれた学校です。平成27年度末に福賀中学校が閉校し、平成28年度から福賀地区で唯一の学校となりました。

 学校がある福賀地域は、総面積はおよそ49.8㎢で、かつては3000人以上の人口が、平成30年5月現在、およそ570人まで減少しました。主な産業は農業で、標高およそ400mの高原性の冷涼な気候を生かし、お米やスイカ、梨ほうれん草、白菜、大豆をはじめ多くの優れた農産物を生産しています。教育に対する地域の関心も高く、老人クラブやボランティア団体をはじめとして多くの団体に支えていただいております。

 子どもたちは、複式学級で仲良く学習しています。また、緑化活動やふるさと太鼓の演奏、子供自転車大会への出場など、特色ある活動に取り組んでいます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 平成28年度から、阿武町教育委員会より学校運営協議会設置校の指定を受け、コミュニティ・スクールとして、地域と一体となった教育活動の推進に取り組んでいます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~