日本地学教育学会 - 公式サイト
スマートフォン版
ホーム

現地講習会(地学・地理観察巡検)のお知らせ

日本地学教育学会広報委員会

自然科学の学習で最も重要なことは,実物を観察することです.東京都の国立市周辺では,河成段丘の地形が明瞭で,段丘崖では豊富な湧水が見られます.野外で地形や湧水を観察することは,理科の授業の内容を深めることにつながります.そこで,地学教育学会広報委員会主催の現地講習会として,小・中学校の教員や教員志望の大学生を対象に地学・地理観察巡検を企画します.

1.日 時 平成29年10月21日(土)

2.集合場所
  ・時間

JR南武線矢川駅北口に13:00集合(各自で昼食をとってから集合).

3.対 象 小学校・中学校の教員および教員志望の大学生(大学院生も含む).日本地学教育学会の会員以外も可.

4.見学場所 ① 矢川源流の湧水の観察
② 立川段丘・青柳段丘の地形の観察
③ ママ下湧水公園で,段丘地形と府中用水路の生物の観察
④ 谷保天満宮で崖線と湧水の観察
  谷保駅~向ヶ丘遊園駅までJR南武線と小田急電鉄で移動
⑤ 生田緑地で多摩丘陵の地層と地形を観察


ママ下湧水公園の段丘礫層と湧水の様子

5.解散場所
  ・時間

小田急電鉄向ケ丘遊園駅で17:30頃に解散予定.

6.費 用 現地までの交通費および途中移動の交通費は自己負担でお願いします.
また,万一に備え,旅行保険に加入するので保険代330円を集合時にご用意ください.

7.募集定員 15名程度

8.申込方法 氏名・年齢・性別・生年月日・所属・連絡先を書いて、下記メールアドレスにお申込みください。
fujihira.siyuuitirou@post.ibk.ed.jp

9.募集締切 10月10日(火)

10.講 師 茨城県立結城第一高等学校教諭 藤平秀一郎(日本地学教育学会広報委員)